intely

ビジネスにはもちろん、転職、リクルーティングにも使えるSNS

intely(インテリー)は、起業や経営戦略などの様々な情報を得たり、発信しながら、様々な分野で活躍しているビジネスパーソンと繋がりを持てる日本発、日本人に合わせた進化版LinkedInとも言えるSNSです。様々な業界の生の声が聞け、著名な方々と交流することができるので、現在のビジネスを拡大したい人や将来ビジネスで成功したい人は、intelyを通してその夢を実現するチャンスを掴めるかもしれません。 完全な説明を見ます

賛成票

  • 様々な分野のビジネスに関する有益な情報を得られる
  • 様々な分野で活躍するビジネスパーソンと繋がれる
  • 気に入った投稿を別に保存したりSNSで共有できる

反対票

  • intelyのみの登録ができない

秀逸
9

intely(インテリー)は、起業や経営戦略などの様々な情報を得たり、発信しながら、様々な分野で活躍しているビジネスパーソンと繋がりを持てる日本発、日本人に合わせた進化版LinkedInとも言えるSNSです。様々な業界の生の声が聞け、著名な方々と交流することができるので、現在のビジネスを拡大したい人や将来ビジネスで成功したい人は、intelyを通してその夢を実現するチャンスを掴めるかもしれません。

intelyでユーザー登録をする際は、Ameba、Facebook、Twitter、mixiのいずれかのIDでの登録が必要となります。どのIDもお持ちでない場合はintelyから直接Ameba IDの登録ができるので、そちらを活用することをおすすめします。登録後、「経営戦略・コンサルティング」や「広告・マーケティング」など、ご自身が情報を得たい、又は発信したい分野を3つ選択してください。すると、選択した分野に適したユーザーを自動的にフォローし、そのユーザーの投稿を見ることができます。ぜひ活用して、情報交換をしながら繋がりを持ちましょう。

intelyでフォロワー以外のユーザーを調べたい場合は、画面左側の「ランキング」から人気のユーザーや以前に選択した分野のユーザーが検索できるので、新たにフォローしたいユーザーを見つけてください。また、同じ目的のユーザーが集まってコミュニケーションがとれる「ネットワーキング」に参加すると、よりユーザーとの繋がりを持ちやすく、また業界のコネがつくれるかもしれません。参加したい「ネットワーキング」がない場合は、自分で作成することもできます。

intelyでは、他ユーザーの投稿に対してコメントをつけたり、賛同や感謝の意味をこめた「アグリー」というボタンをクリックしてコミュニケーションをとることができます。また、気に入った投稿を画面左側の「クリップ」に保存したり、FacebookやTwitterのSNSで共有できるのもintelyの魅力といえるでしょう。ただし、intelyに登録する際に、intelyのみの登録はなく、Ameba IDを通さないといけないので、intelyのみを使用したい人には少々億劫に感じてしまうでしょう。しかし、Amebaを同時に使用したい人には便利だと思います。

この他のSNSには、世界中で7億人以上が利用するFacebook、140文字以内のつぶやき(ツイート)でコミュニケーションをとるTwitter、日本最大級のSNSのmixiがあるので、そちらもぜひお試しください。また、これらのIDでintelyに直接アカウント登録ができます。

intelyは、ビジネスに有益な情報を得たり発信しながら、様々なビジネスパーソンと繋がりを持てる、成功したいビジネスマン・ウーマンのためのSNSです。また、採用担当の人には、今流行りのソーシャルリクルーティングにも活かせます。なお、ソフトニックはintely内でもソフトウェア・アプリケーションレビューの最新情報を配信しておりますので、ぜひフォローしてください。

intelyのSoftonicjpページ http://intely.jp/pc/profile/5507

intely

サイトにアクセス

intely